寝楽起楽

最近は頑張って読書感想ブログにしてます。

                ネタバレには配慮しない感想ブログです。

高橋源一郎 内田樹『嘘みたいな本当の話』 文藝春秋

 

嘘みたいな本当の話 みどり (文春文庫)
 

 

 

市井の人達から、身の回りに起きた、おかしかったり怖かったりする物事をエッセイ(1000字以内)にして送ってもらい、それをそのまま収録した本。

 
 
ポール•オースター(ムーン•パレス書いた人。未読)がアメリカのラジオ番組で昔似たようなことをやったので、その真似をしたそうな。
 
 
 
糸井重里の『いいまつがい』の、笑い話以外も集めたエッセイバージョンといえば分かる人は分かるのでは。たまに凄い面白いのがあるので、いいまつがいもお勧めする。
 
 
で、本書の話。
大体はさらっと読めてしまうけれど、本当にゾクリとさせられるのも混ざっていて、楽しく読めた。
 
 
事実は小説よりも奇なりという使い古された言葉はあるけれども、この本を読むと、人生の妙というものを感じる。
 
 
皆さん中々不思議なエピソードを持っていて羨ましい限り。自分には人様に語れる話はちょっと思いつかない。
 
 
後書きと、翻訳家の柴田元幸さんと内田さんの対談も興味深かった。
 
 
相変わらず、独自の視座から人を納得させるのが上手い人である。
 
無条件に信じすぎるのも危険だけれども
、つい釣り込まれすぎてしまう。
 
 
次はポールオースターのにポロロッカして、内田さんのいう日本とアメリカの違いというのを見てみたいと思う。