寝楽起楽

最近は頑張って読書感想ブログにしてます。

                ネタバレには配慮しない感想ブログです。

映画『Singin' in the Rain 邦題:雨に唄えば』 (1952) +『義足のMoses』

 誰も待ってないだろうけどお久しぶり。まるたです。

 

 

雨に唄えば (字幕版)

雨に唄えば (字幕版)

 

 

雨に唄えば』は、トーキーと呼ばれる映像と音が合成された映画が発明された、その前後の時代の映画俳優を主人公にしたミュージカル映画

 

 超有名な映画だし、ぐぐればいくらでもあらすじとか出ると思うので省略。

 

巷の評判通り凄く良い映画でした。最初の方は挟まってくる歌の感じとかがいかにも昔でとっつきにくかったけど、終盤は度はまりしてた。

お気に入りはこれとか。45秒あたりから。

www.youtube.com

歩き出しながら何気なく口ずさむリズムが凄くきれい。

 

個人的にリナがとてもいい味出してた。意図せずして人をイライラさせる、自分勝手でわがままな役って、難しくないのかな。やりたい放題できるから意外と楽しいのかも。

 

ミュージカルは全くといっていいほど見たことなかったけど、普通の映画と比べて良くも悪くも勢いで突き抜けていける分、ストーリーに深みを持たせるのは厳しいのでは、とも思った。

 

 だがしかし今回真に紹介したいのはこの映画ではなく、これである。

www.youtube.com

 

視聴後に何気なくタイトルで検索したら出てきた動画。映画中の歌の一つ使って描いたらしい自主制作アニメ。幽霊ちゃんめっちゃ動くし、いちいち可愛い。要視聴。

知られざる才能を見つけた!とか思ったけど、50万再生行ってるし単に僕の耳が遅いだけですね。

 

そんじゃまた。