寝楽起楽

最近は頑張って読書感想ブログにしてます。

                ネタバレには配慮しない感想ブログです。

タロット

中二心を忘れないためにと、最近タロット(ライダーウェイト版)を始めたが、これが中々楽しい。

 

例えば「今日の運勢」をワンカードで占うと、

f:id:marutetto:20160930032901p:plain

こんなカードが出てくる。これはカップの3で、タロットリーディングの本によると「豊かさ、友情、コミュニティ」を意味するらしい。なるほどなるほど。

 

タロットのいいところは、本を読んでみても「この解釈じゃないと駄目!」ではなく、一般的にはこういう解釈がされるけど、基本的にあなたが感じたことを優先していいし、占い方もワンカードとかケルト十字とか色々あるけど、自分が一番占いやすい形にしちゃって問題ないよ、というような、おおらかさがあるところである。

 

例えば上のカードを僕が直感的に見た場合、「黄色い人なんか不敵な顔してんな」「葡萄持ってるけど何あれ」「白い服の人体ねじれてね?」と思う。そういった感想は脇において、友情のカードだから何か良い日になるらしいで終わらせても良いし、もっと深く考えてもいい。それは自分の裁量に全て委ねられている。

 

解釈によってはどんなに良いカードが出てもそれを悪い意味に捉えられるし、どんなに悪いカードが出ても良い意味に転嫁していい。結局のところ写るのは自分の心なのかもしれないが、タロットという間を挟む分幾分客観的になるし、悪い結果もまあ所詮占いだし、と流すことも出来る。

 

後単純に「愚者」とか「正義」とか「運命の輪」とか、名前だけで結構楽しいし、絵をただ見てるだけで割に面白い。カードゲームそのものにはあまり興味を持たなかったが、カード自体はそれなりに好きである。

 

というわけで、タロット結構お勧め。難点は「タロットやってる」というのが人聞きとしては微妙にマイナスよりのところか。