読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝楽起楽

最近は頑張って読書感想ブログにしてます。

所要時間20分の記事

日常で何かあった時に、「あ、これブログに書こう」と思うことが結構よくある。

しかしその割に、このブログの更新頻度は滅茶苦茶低い。それは一体何故起こるかといわれれば簡単で、こういう感じで書き出して~とか考えてるうちに大体満足して書くまでに至らないからである。

 

文章を書くというのは本当に労力がいる作業だと感じることが多い。web小説やら何やらでたまに「原稿用紙70枚程度の短編だからすぐ読めます」とかさらっと書いてあることがあるけど、70枚!?って感じじゃないすか?つまり3万字弱を書き連ねてるわけで、凄いと思う。けど実際に読んでみると本当に体感としては全く時間かからず読み終わってしまったりする。人が何十時間、何百時間もかけているものを消費するのは本当に簡単なことで、これも考えてみると凄いし、同時に作り手としては虚しくならないのだろうかと疑問に思ったりもする。

 

こんなどうでもいいブログのどうでもいい文章でも、頭に浮かんだアイデアを実際に文にして、という風にするのは(僕基準では)手間だ。思いついただけで消えていったものは多くあるし、途中まで書いて下書きにおそらく永遠に陽の目を見ることがないまましまわれているものも一杯あるし、なんなら今日のこのテーマも何回も思いついてたけど面倒で書く気にならなかったものである。

 

作った人が費やした時間を考慮に入れながら作品を見るようにすれば、より真剣にそれを味わえると思う。別にこのブログの文章を真剣に読め、と言っているわけではない。いうほど時間はかけてないし、単に消費するべくして産み出されるものは無限に存在する。ただ僕が単純にどんなものでもざっくりアバウトに大枠だけ見て鑑賞を終わらせてしまう習慣があるので、神は細部に宿る、とかそういう話でもないけど、自戒の意味をこめて書いた。

 

いまさらですが、あけましておめでとうございました。では。