読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝楽起楽

最近は頑張って読書感想ブログにしてます。

PASMOのことをSuicaと言えるようになった。

雑記

表題の通り。

 

中高では私はPASMOユーザーだった。

だから私の中では電子マネーPASMOで、友達の定期入れから時折覗くSuicaに違和感と由来の分からない微かな羨望を覚えながら、日常の電子マネー決済を全てPASMOで行なっていた。

 

大学に入った時、私はふとした気まぐれでJRみどりの窓口で定期を作った。

その結果、手元に届いたのはSuicaだった。私は初めて、PASMOSuicaの違いは発行会社の違いなのだと知った。

 

しかし私の中の、電子マネーPASMOという認識は中々揺らぎを見せなかった。

コンビニでちょっとした買い物をする時、私の口をついて出るのは「PASMOでお願いします」の一言だった。手に握っているのはSuicaなのに。そうした際、私はいつもチリチリと胸が痛むのを感じていた。それは事実の通りSuicaと言うことのできない罪悪感だったのかもしれないし、自分への不甲斐なさだったのかもしれないが、今となっては分からない。

次こそはしっかり「Suicaで」と言おうと決意し、また実際にそうしてみることもあったが、そうした時は言い知れぬ虚無感が私を襲った。

私の中の何かが、強硬に自分はPASMOユーザーだと主張していた。メトロから私が脱却することは認められていなかった。

 

しかしどうした心境の変化だろうか、最近は、「Suicaで」と躊躇いもなく言っている自分に気づく。ついに私は、Suicaを持っている自分を受容することができたのだ。

 

もしかしたら私は、ようやく高校を卒業したのかもしれない。