寝楽起楽

最近は頑張って読書感想ブログにしてます。

                ネタバレには配慮しない感想ブログです。

ハンター必携:『クマにあったらどうするか:アイヌ民族最後の狩人』 語り手・姉崎等 聞き書き・片山龍峯 ちくま文庫 2014年

 CAPCOMが送る大人気ゲームシリーズ、『モンスターハンター』の最新作が発売されて一か月弱が経ちました。皆さん、充実した狩り暮らしを送っていますでしょうか?

 

 ゲーム脳が取り沙汰されたのは一昔前のことですが、中にはコントローラーを握りながら、「自分もこんな狩りを実際にしてみたい!」と思う方もいるかもしれません。

しかし、人体構造上不可能なところから身の丈以上の大剣を抜刀し、大型モンスターと同等に渡り合い、突進を食らっても死なず、高所から落ちても無傷……。そんなゲームの中のキャラクターは控えめにいっても「超人」といって差し支えなく、只の人である私には無理だ、と諦めてしまってはいませんか?

 

 そんなあなたにも、そして狩り暮らしを送るすべての人におすすめしたいのが、この

『クマにあったらどうするか:アイヌ民族最後の狩人』

 

クマにあったらどうするか: アイヌ民族最後の狩人 姉崎等 (ちくま文庫)
 

 

 タイトルの通り、本書はアイヌとの混血である姉崎等さんが、十二歳~七十七歳までの狩人人生を振り返りつつ、クマとの対峙の仕方を教える構成となっています。

 

 まず注目してほしいのが、その人生の半分以上を狩りに費やしてきた姉崎さんの、膨大なサバイバル知識。

 

 日高とか十勝とかああいうしばれ(寒さ)の強いところに冬に行って、そこで川に落ちて長靴の中に水を入れたとする。みんな靴を脱いで靴下を絞って履くでしょう。それは駄目なんです。間違ってもそんなことしたら駄目なんです。すぐに凍傷になってしまうから。 

 そういうしばれの強いところでは、長靴の中の水を抜かないでドボドボっと長靴の中で水がたまっていても、そのまま歩くと、水が靴の中で暖かくなってくるんです。足が重い軽いの理屈でなく生きようという信念でやるんです。

(p83)

 

 狩人になりたい人には為になる知識が満載です。

 

 また同時に、本書は「狩人として生きる心構え」や、「良い狩人となるためにはどうすればよいか」も同時に教えてくれます。

 

 それでもハンターは銃を向けて落として、ものの命を取ってきて自分たちの生活を潤しているんだから、感謝の気持ちは持たなければならない。クマを招待するにしても人間と同じで、うわべだけの招待だったらクマも嬉しくはないですよ。心の良い人の家に招待されたいという話があるのは、人間の心を正しく運べよ、とアイヌは考えたからだと思います。

(本著p208)

 

 逆鱗や宝玉が出ないのは、もしかしたら気持ちが足りないせいかもしれない……。

 自分の狩り暮らしを、本を読みながら反省しませんか?

 

 姉崎さんにとってクマとは「師匠」であり、「隣人」であり、決して倒すべき敵なんかではありません。山を知り、クマを知り尽くした人の語りは、私たちが如何に山を知らないかを同時に浮き彫りにしてくれます。

 

 規制をよしんば作っても、クマの方は守るかもしれないけど、人間の方は守らないでしょう。

(本著p298)

 

 またアイヌとの混血(チポエップ)という立場であり、また自らをアイヌ民族であると公言しているところから、本書は同時にアイヌについて勉強できる読み物ともなっています。なので当然、ハンターではない皆さんにもおすすめです。

 

 ハンター暮らしに焦がれる皆さんも、本書を読めば必ずやそのゲーム脳と、それからクマに対する誤ったイメージが粉砕されることでしょう。

 

 以上。 

エンジョイ勢からガチ勢まで:『マヤ・アステカ不可思議大全』 芝崎みゆき 草思社 2010年 

 突然ですが皆さんは、歴史が好きでしょうか?

 

 「受験の時にやったきりで、もう全く覚えていない」

 「小ネタは楽しかったけど、人名やら年号やら覚えるのは苦手だった」

 

 おそらくはこうした人が大半で、大人になってから改めて本格的に勉強しようと思っても、

 

 奈良時代後期の政治的変動のなかで、称徳天皇が死去して専権をふるった道鏡が追放されたのち、式家の藤原百川らの策謀によって、それまでの天武天皇系の皇統にかわって天智天皇系の白壁王(施基王子の子)が即位し、光仁天皇(在位770~781)となった。

(『詳説日本史研究』 p90)

 

 大半の歴史本はこうした硬い記述ばかりで、面白いは面白いんですが、受験・試験ブーストがかかってないと読み通すのは厳しい、と感じる方が多いのではないかと思います。

 

 そんな皆さんに今回お勧めするのが、この

「古代マヤ・アステカ不可思議大全」

 

古代マヤ・アステカ不可思議大全

古代マヤ・アステカ不可思議大全

 

 

 本書の最大の特徴は、なんといっても全編手書き&これでもかとばかりに差しこまれる独特の絵の数々!

f:id:marutetto:20180218191334j:plain

 (本著 p26-27より)

 

 作者を擬したキャラクターが適度につっこみをいれてくれることにより、学術書とはまた一線を画した味わいになっています。

 

 作者が研究者ではないために「中身は結構いい加減なんでしょ?」と疑ってしまう貴方も安心!なんと5ページに渡る参考文献に裏打ちされて本書は書かれており、メソアメリカガチ勢の皆さんにも安心してお読みいただけます。

 

 何より本書が教えてくれるのは、「マヤ・アステカの歴史」以上に、「歴史の楽しみ方」そのものです。

 生贄の儀式に憤り、唐突な神話の展開に冷たい目を送り、下ネタに笑い、歴史ロマンに胸を躍らせる。

 どんなところからも「面白さ」を見出す作者に導かれ本書を読み終わったとき、きっとあなたは冒頭に挙げたような学術書も、楽しく読み通せるようになっていることでしょう。

 

 「でも、マヤ文明とか興味ないし~~」という人には、芝崎さんの 

古代ギリシアがんちく図鑑

古代ギリシアがんちく図鑑

 

 

古代エジプトうんちく図鑑

古代エジプトうんちく図鑑

 

  

 こちらをお勧め!

 

 以上(趣向を変えてテンション高めで書いてみましたが、なるほどやってみると楽しいもんなんですね)。

 

詩人の感性:『短歌ください』 穂村弘 角川文庫 2014年

 穂村弘はまず、純粋な読者として、びっくりさせられたいんだと願っている。と、同時に、どんなに意外な作品でも、そのよさを自分はキャッチすることが出来るという自信と自負があるのだろう。そうでなかったら、毎回毎回「意外な作品」なんていい続けられない。投げられた球が短歌であるかぎり、いかようにも打ち返してみせるのが彼なのだ。

 「ごめんなさい」でいきなりはじまっても、「マイナスの切れ味がすばらしい」と打ち返し、「てのひら」で唐突に終わっても、「全ての思考を停止させるように突然出てくる「てのひら」がいいですね」と打ち返す。内容に関わらず、怖い歌はすべていい歌だとも言い切っている。(…)「意外な作品」の作者たちは、穂村弘という読み手を得て、どれほど励まされたことだろう。

(本著p258 俵万智による解説より)

 

 まさにこれ。

 

 

短歌ください (角川文庫)

短歌ください (角川文庫)

 

 

○内容

 雑誌「ダ・ヴィンチ」の企画「短歌ください」に寄せられた短歌を選者穂村弘のコメントつきで採録

 

○感想・考察

 穂村さんの一首一首の意味の汲み取り方が半端じゃない。

一読して微妙だと思ってしまうものも、コメント見ると成程深いと納得させられてしまい、悔しい。

 

 後解説読んで、「意外な作品」を志向する穂村さんと、「素直な作品」が欲しい俵さんで、傾向の違いがあることも知った。

 

・終バスにふたりは眠る紫の<降りますランプ>に取り囲まれて

(『シンジケート』)

 

・「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日

(『サラダ記念日』)

 

 上が穂村さん、下が俵さんで、この二首はそれぞれ代表作として取り上げられることが多い。短歌に興味持ち始めると多分真っ先に覚えてしまう。そんぐらいよく見る。

 

 確かにこれ見ると、<降りますランプ>の捻り方と、サラダ記念日、の素直さはそれぞれ対照的。

 

 でも決して、穂村さんは「不自然な作品」が欲しいといってるわけではない。<降りますランプ>も、そういう風に呼ぶことはないけれども、言われてしまうとするりと脳裏に入ってくる自然さがある。

「短歌ください」で求められたのはそういう作品で、だから捻ってるんだけど直球、みたいな味わいがある。

 

○好きな短歌10選

 

・旗をふる人にまぎれて旗をふるだれも応援しませんの旗

 (陣崎草子・女31歳/p22

 

「現実的には全く無意味な行動を支える一人きりの思いの強さに対して感動を覚える」(穂村)。この「誰も応援しませんの旗」が、傍目からみてもそうと分かるように振っているのか、それとも「旗をふる人にまぎれて」いるように、誰かを応援している体で振っているのか。穂村さんは多分前者の読みだけど、自分は後者かなー。

 

・「日本野鳥の会」にいたという人よ わたしをかぞえたことありますか

 (やすたけまり・女・47歳/p35)

 

 「微かな凶器を感じさせる心の異次元に触れながら、同時に切実な愛を告げているようにも見えますね」(穂村)。これは野鳥の会=鳥好き=わたしは?という解釈の展開ですかね。「君」とかではなく「人」という少し他人行儀な感じからは、純粋にわたしがかつて鳥であれたかどうかを気にしているようにも見えます。 過去形なのも個人的にポイント高い。今は絶対に鳥ではない何か。

 

・最後だし「う」まできちんと発音するね ありがとう さようなら

(ゆず・女・18歳/p43)

 

 これは俵さん成分強し。「きちんと発音する」ことで、関係性はちゃんと終わっていくのでしょう。「こんなこと言われたら胸につきささる」(穂村)という言葉の通り、言われた側はずっと引きずってしまいそうな。

 

・石川がクラス名簿のトップですあから始まらない朝もある

 (はれやわたる・男・27歳/p87)

 

  「あ」から始まっていないクラス名簿の全てを不自然に感じさせるこの観点凄い。

 

・この部屋にはてんとうむしを閉じ込めてあるからこれはひとりごとじゃない

 (月下燕・男・36歳/p91)

 

 「てんとうむし」に頼るしかないあたりほんとにギリギリだなという感じ。

 

・一人でも眠れる僕は狂ってる熟れたベリーの果実を握って

 (小林晶・女・26歳/p126)

 

 「「一人でも眠れる僕は狂ってる」と思う僕が狂ってる、というところがいいですね」(穂村)。ほんとそれ。「熟れたベリーの果実」というのもまた肉感のある生々しさ。比喩なのかな。後詠んでるの女の方なんですよね、これ。

 

・ ヴォリュームをゼロに落としたラジオから一番好きな歌が聴こえた

(わだたかし・男/p134)

 

 これ一二を争うぐらい好き。「ヴォリュームゼロ」のラジオから聴こえるのは一番好きな歌以外確かにありえない気がする。

 

・寝返りをうったら君も少し起き僕をみつけてまた眠る ゆめ

  (空山くも太朗・男・33歳/p145)

 

 

 「まどろみの気だるい至福感がうまく表現されています」(穂村)。ほんとそれ。しかしこの歌、永遠に起きなそう感強い。ペンネームも寝ぼけてるみたい。

 

・子守唄あなたが歌詞を間違えてもう赤ちゃんは目覚めませんよ

 (岡本雅哉・男・36歳/p152)

 

 一番怖い歌。「赤ちゃんに子守唄を歌う」という図はそれだけで完成されているように感じられる、だからこそそこに一分の間違いも生じてはいけないという逆説。

 

・じゃんけんでいつも最初にパーだすのしっているからわたしもパーで

(須田千秋・女/p182)

 

  いちゃいちゃしやがってこいつら。

 

 <番外編>

・「動物と人間の違い何ですか?」倫理のテストに凄い嘘書く

 (ゆり・女・19歳/p220)

 

 穂村さんは「「嘘」=人間だけのもの。そう考えると、どんな「嘘」を書いたにしろ、それは正解だと思います 」とコメントしているが、これは「何ですか?」と聞いたのは教師だという読みだよね?

でもそれだと、「何ですか?」ではなく「記述せよ」とかにならない?

そうではなく、敬語が使われているという点で、多分これは生徒側から教師に、実際は考えてもいない質問を投げかけた、そのことに違和感を感じている、という歌だと思うんですよね。

 穂村さんに読み勝っただろ!!と思って嬉しかったので、番外編として取り上げた。まあほか全敗してるし、そもそも勝ち負け競うものでもないけどね。でも嬉しかったんです。許して。

 

以上。

 

絶対の三原則:『わたしはロボット』 アイザック・アシモフ 伊藤哲訳 創元SF文庫 1976年

          ロボット工学の三原則

一、ロボットは人間に危害を加えてはならない。また何も手を下さずに人間が危害を受けるのを阻止してはならない。

二、ロボットは人間の命令に従わなくてはならない。ただし第一原則に反する命令はその限りではない。

三、ロボットは自らの存在を護らなくてはならない。ただしそれは第一、第二原則に違反しない場合に限る。

          ロボット工学教科書 第五十六版 紀元二〇五八年

(本書p8より)

 

 

わたしはロボット (創元SF文庫)

わたしはロボット (創元SF文庫)

 

 

 この原則よく出来てますね。

 

 ○内容

 ロボット心理学者の権威スーザン・カルヴァンの語る、人間を危機に陥れた様々な

ロボット達~心温まる愛情の話を枕に添えて~

 

 ○感想・考察

 三原則は絶対。のはずなのに、不可解な挙動をし、時にはまるで悪意があるかのようにさえ振舞うロボット達。

 そんな彼らの心理を考察しつつ事件の解決を図っていくという、まさかまさかのミステリ風味の話でした。

すべての話が、「ロボットが人間よりも優れていること」を前提として描かれてており、 だから問題が発生してしまうと、人間達はめちゃめちゃ慌てるしかない。反逆されたら負けるのが分かってるから。

 でもどの出来事(神を崇拝する/嘘をつく/人間かロボットかも分からないetc)

も、結局その背後には三原則がちゃんと機能していて、めでたしめでたし・・・とほっとしながらページをめくると、最後の最後で完全にやられます。

 「地獄への道は善意で舗装されている」という言葉を思い出しました。まあでも、地獄なのかどうなのかは人によって解釈異なると思いますが。

 アシモフさん多分したり笑いしながら書いたんだろうなー。

 

以上。