寝楽起楽

最近は頑張って読書感想ブログにしてます。

                ネタバレには配慮しない感想ブログです。

百折不撓のおじさん、王位獲得によせて

 木村一基(46歳)が、自身初となるタイトルを獲得し、「木村王位」となった

歴史的な瞬間から数時間が経ち、俺は今祝杯の日本酒、天狗舞を飲みながら、この記事を書いている。

 

 正直、「木村さんが王位の世界線の空気うめえ~~~!!」とかいいかねない

テンションなので、読み苦しい面もあるかもしれないが、そこは容赦してほしい。

つうかいっとくか。木村さんが王位の世界線の空気うめえ~~~~!!!!!!

 

 

 木村一基は、将棋のプロ棋士である。

 最近になって将棋を見始めた人に、「誰きっかけで?」と聞けば、大体が藤井聡太の名を挙げるだろう。それほどまでに、藤井七段の活躍は目をみはるものがある。

 しかし、「藤井が好き」というただそれだけでは、将棋の対局をずっと見続けることはできないはずだ(なかにはそういう人もいるらしいが)。

 なぜなら基本的に、ルールがわからなければ将棋とは退屈なものであり、基本的には人間二人が、盤を挟んで延々と向かい合っているだけだからである。

 「今、盤面で何が起きているのか?」を、我々のようなアマチュアが知ることができるのは、それをわかりやすく説明してくれる、解説者がいるからだ。

 

 木村一基は第一に、「解説名人」として知られている。

 飽きさせない軽妙なトーク、どんな人とも柔軟に合わせられる性格はファンに愛されること留まることを知らず、「おじおじ」「将棋の強いおじさん」などの愛称で親しまれ、将棋界の中での好感度は堂々の第一位(俺調べ)。

 ファンサービスも有名で、特に対局後に相手と振り返りを行う「感想戦」の際に、普通は負けたら口が重くなるところ、見ているアマの我々のことを考え、あえて明るく振舞い、軽口をたたくところなど、知れば知るほど胸が熱くなる。

 

 木村一基は第二に、「千駄ヶ谷の受け師」として知られる。

 時には得意の「相手の攻め駒を攻める受け」、時には大将である王をするすると動かしながら、いつの間にか相手の攻めを切らす棋風は独特のものがあり、棋譜を見れば「木村さんのだ」とわかる、数少ない棋士の一人だ。

 将棋漫画「ハチワンダイバー」のヒロイン、中静そよの二つ名、「アキバの受け士」が木村からとられていることは、自明だろう。

 

 そして第三の、そして最も不名誉なあだ名が、「無冠の帝王」というものである。

 木村がデビューを果たしたのは遡ること22年前、1997年の4月のことだ。

 私はその時まだ2歳なので、当時の事情を知っているわけではないが、「10代にプロになっていなければ、プロになってから充分に活躍するのは難しい」と、根強く信じられていた時代だった、というイメージがある。

 例をあげれば、木村のわずか3つ上の羽生善治などは、木村がプロの養成機関に入った1985年には中学生にしてすでにプロとなり、1996年には7つのタイトルを独占、棋界に並ぶ者のない絶対王者として、頂点に君臨をしている。

 そんな活躍を横目に見ながら昇級・昇段を重ね、2段・3段リーグで足踏みをしながらも、ようやくプロとなったとき、木村はすでに23歳になっていた。

 

 しかし木村は、その後の活躍がめざましかった。

 2002年度には、若手の登竜門の一つであるトーナメント棋戦、「新人王戦」で

優勝。2005年には初のタイトル挑戦(挑戦の資格を獲得した対局の後、盤の前で涙を流す写真は、木村ファンであれば見たことがある人が多いだろう)も果たし、さらに2007年には、一流の棋士しか在籍のできない、順位戦「A級」のリーグにまでかけあがった(2010年度陥落)。今では20代でのプロ入りも増えているが、間違いなく木村一基は、彼らにとっての希望の星となっていることだろう。

 

 だが、そんな彼も、タイトルにだけは長らく恵まれることがなかった。

 初タイトル挑戦となった竜王戦はストレートで敗退、その後計6回もタイトル挑戦まではいくも、いずれも獲得には至らなかった。知らない人向けに書いておくが、「挑戦者」になるだけでも、ざっくり言ってプロ棋士が百数十人いる中での二番目の位置までは来るということであり、本当に大変なことなのである。

 加えて木村は、「後1勝すれば初タイトル獲得」という勝負を計8局敗北しているという、おそらく今後破られることはほぼない記録を保持している。特に2009年、深浦王位(当時)とのタイトル戦では、3連勝からの4連敗を喫し、これは後に深浦九段が「あの後数年間は、木村さんと口が利けなかった」と話すほど、大きなチャンスを逃した。

 

 「おじおじのタイトルを諦めない」――これは、木村のタイトル獲得を切望するファンたちのキーワードであった。しかし一般にプロ棋士は、年齢を重ねれば重ねるほど、頭の回転が鈍くなっていく(「脳内の将棋盤がかすむ」という現象が起こるらしい)と言われており、なかばこれは祈りに近い、冗談のようなものですらあった。

 

 しかしそんなファンの予想をいい意味で裏切り、去年から木村の充実ぶりはいちじるしく、昇段規定によって九段になったかと思えば、その後順位戦A級に復帰。さらには今年の6月、羽生善治九段に勝利し、3連勝から4連敗の因縁のある、王位戦への挑戦権を獲得。

 今度の相手は、こちらも「恐ろしく強い」という評判がありながら、長らくタイトルには恵まれず、ついに昨年、怒涛の勢いで三冠を獲得した、豊島将之(29)。

 年齢差実に17歳差の勝負、若いほうが有利とされる将棋にあっては、正直木村が勝てるとはほとんど思われてはおらず、正直俺もダメかと思っていた。

 

 しかしそんな木村は、そんな下馬評を覆した。蓋をあけてみれば両者の勝負は全くの互角。合間を縫った進行した別のタイトル戦、「竜王戦」でもなんと木村は挑戦者決定戦まで勝ち進み、しかも相手はまたまた豊島。同じ相手との「十番勝負」という、あまり例のない進行となったが、終わってみればあわせて5勝5敗、一歩も引かぬ戦いを繰り広げてみせた。

 

 竜王戦の挑戦者は豊島に取られ、迎えた王位戦第七局は、昨日今日(9月26-27)の二日間で行われた。

 振り駒の結果、先手は豊島に分かれ、しかも戦型は最も豊島の得意とする角換わり(多分、勝利8割はある)。もうこの時点でほんとダメかと思ったが、しかし、木村はやり切った。相手の得意戦法を真っ向に受けて立ったうえで、最後まで一切緩むことなく、勝ち切ってみせたのだ。

 棋界の歴史において、初タイトルを獲得した最年長年齢は37歳。実に9年弱もうわ回り、彼の座右の銘、「百折不撓」、つまり、何度失敗してもあきらめない信念を体現する、偉業であった。

 

 今日私ははじめて有給を取り、将棋会館で行われた、高見七段・中村真梨花女流三段の大盤解説会に参加していた。スマホで中継をみつつ、ファンの人々と対局を見守っていたのだが、一手進むごとに興奮の声があがるあの空気は、本当に独特のものがあった。

 「27角打った!」「45桂馬跳ねた!」木村の勝ちが近づいている、そんな確かな予感を、あの時皆が共有していた。動画のコメント上でも、「泣いた」「俺はもう泣いてる」などなど、豊島ファンには悔しい時間でもあっただろうが、木村の初タイトルを、皆が祝福していた。大盤解説会会場にも、涙ぐんでいるファンがあちこちにいた。

 

 これを書きながらも、俺は今ほんとうにほんとうにうれしい。次は王位戦就位式の日付を調べ、有給が取れるよう算段をはじめなければならない。

 最後に。今まで木村、木村と呼び捨てで書いてしまっていたが、この称号とともにおじさんのことを呼べる喜びを感じながら、しめくくりたいと思う。

 

 木村王位、初タイトル、本当におめでとうございます。

 

 

4月から働き始めて考えてること

お久しぶりです。

前回記事以来、一回も投稿画面を開くことなくダラダラと日々を過ごしておりました。

皆さまにおかれましても、各々有為無為に日常を送っていらっしゃることと存じます。

 

さて、表題の件につきまして、

4月から新卒として、しかも運よく本に携わるとこに滑りこむことが出来まして、オフィスに自分の机が与えられてから3ヶ月ちょっと経ちました。

試用期間もぼちぼち終わり(ちゃんと雇用規則を確認してない)、なんとなく自分の中で一区切りついたので、現時点で仕事というものに対して考えてることをまとめておこうと思った次第。

こういう時、ブログって便利ですね。

 

●仕事について

全体のワークフロー自体はおぼろげに掴めてるんですが、その中で自分が何の役割を担えばいいのか、まだ掴みかねてます。

ベテランの方々のスタイルもそれぞれ独自で、ここについては正解が無さげ。

 

 

●お給金の謎

毎月決まった日にお金が振り込まれる月給という仕組み、よく分かんないですね。

バイトしてた頃の時給制は「この作業の結果のこれ」ていう納得感はあった(しかし安かったなー!)んですが、月給制は月ごとの成果を見て、て話でもないですし。

「将来性を含めた、総合的な自分の市場価値の査定の結果」としてみると、今度はそれが高いのか低いのかもよう分からんし。

とにかくお金がもらえることは嬉しいことなのでわーいわーいと言っとりますが、しかしこの金というものも、そもそも一体何なんだ。

 

●仕事とプライベートの問題

就業時間が終わればあとは趣味に全振りマンになるもんだと思ってましたが、そんな簡単に割り切れるもんでもないことが分かりました。趣味と仕事がある程度、一致してるからかもしれないですが。

たとえば、どっか今まで行ったことない駅に降りると、ついでに本屋に寄って棚のチェックをしたりしてます。ただそれがどの程度仕事でどの程度プライベートなのかは、いまいちはっきりとしない。

働きだしてから知り合った方に読書会に誘われて、土日はそれで潰れたりとかしてるんですけど、それも読者のペルソナを把握するのに役立つかもと思って顔出してて、これはどっちかというと仕事よりかな。しかしその行為自体に金は発生せんし。

読書会、「読書は学びを得るための手段の一つ」て考えてる人が一杯いて驚きでした。

ちゃんと整理は出来ていないんですが、自分の中では、読書はそれ自体が目的な気がします。

「学びを得るため」て考える人は中身を身につける努力をするし、読書量も意識して増やしたりするし、どっちが良い悪いではなく(私は読んだ内容すぐ忘れたりするので)、ただただ違うね〜と思ったという話。

 

明確に「これは100%仕事だ」っていう作業ももちろんあって、今んとこそういうことは、就業時間後にはやらないようにしてます。70%仕事ぐらいならちょろっと手を出したりもしとりますが。

あと、単純に一日の仕事に占める割合大きすぎません?通勤時間も馬鹿にならんし。なんなんだあれは。

 

とはいえ、全体としては、良い職場に来れたという気持ちです。もし不満が出てくればぼかしつつどっかでぶちまけますが、そんなことも起こらないのではないかな。

 

どうでもいい悩みとしては、社から「SNSとかブログとか社名出して使っていいよ!むしろ推奨するよ!でもイメージが下がるようなことは控えてね!」と言われとるんですが、このブログの立ち位置が自分の中で微妙なんですよね。

 

ただ、この業界に入ったの隠して本の感想あげんのも、ステルスマーケティングに加担してるみたいでモヤモヤしますので、ちょろっと仕事に触れてみたという感じです。

本気でステマするなら、こんな小ちゃいブログに書くより、アマゾンに☆5レビューあげるのが効果も高いし手っ取り早いですけどね。密林の強さは、仕事始めてからひしひしと感じてます。

 

読む本の傾向もちょっと変化してて、もしかした、今後はビジネス書とかも記事にしたりするかも。

特定の社の本を延々と紹介しだしたりしたら、「こいつやってんな〜〜〜」と思っていただければ。

 

以上です。余力あれば明後日までに一個はなんか書きます。なければ次はまた一ヶ月後かな、お盆休みの頃とか••••••恐ろしいペースで恐ろしいクオリティの方々ホントどうなってるんだ、密着取材させてくれ、て感じ。

 

いるためにあるコミュニティ:『居るのはつらいよ ケアとセラピーについての覚書』 東畑 開人 医学書院 2019年

  これ(※通過型デイケア)に対して、居場所型デイケアでは、必ずしも「通過」が前提とされない。実際、多くのメンバーさんがデイケアを通して社会復帰していくのではなく、デイケアに留まり続ける。だから、居場所型デイケアはときに、「終の棲家系デイケア」と揶揄されたりもする。

 それでいいのか? といわれちゃいそうだけど、統合失調症だったり、長くひきこもっていた人だったり、あるいは高齢者だったり、社会復帰が必ずしも容易ではない人たちが居場所型デイケアに集まってくるから、どうしてもそうなってしまう。

 彼らは社会に「いる」のが難しい人たちなのだ。だから、僕の仕事は「いる」のが難しい」人と、一緒に「いる」ことだった。

(本著p43  「いる」と「する」 とりあえず座っといてくれ より)

 

  終の棲家系デイケアって、ほんとに界隈の人しか使ってなさそうな用語だ。

 

 

居るのはつらいよ: ケアとセラピーについての覚書 (シリーズ ケアをひらく)
 

 

〇1行要約

 京大大学院博士課程を出たあと「俺は臨床心理に生きる」っつって沖縄に就職した人が人々に触れるうちにケアについてめっちゃ悩む

 

〇感想

 ただ居るだけで肯定される、というとなんだか夢のようなコミュニティのようだし、筆者も、それをある程度意識しつつ書いているように見える。

しかし、桃源郷を真に作れるのであればそれほど良いことはないのだが、残念ながらそう上手くはいくはずもなく。

 

 「ケア」は、するもされるも日常的に頻繁に行われ、デイケアコミュニティにおいては、メンバー(治療を受けている人)とスタッフは相互にお互いを癒やす……が、スタッフたちにとっては、それはどうしようもなく「仕事」でもある。

 

 ゆえにメンバーたちからされる「いらないケア」を受け取らなければいけないこともあれば、「今自分がしていることは本当に正しいのか」と悩むこともある。やがて次々とスタッフは辞めていき、そして、筆者もやがてそのコミュニティを去ることとなる……では、悪いのは本当はなんだったのか?というお話につながっていく。

 

 総評すれば面白い本なんだけど、もうちょい突っ込んで書ける部分が本当はもっとあるんじゃないかという気がする。

 

 「学術書」のつもりで書いていると筆者は言うが、それなら最後に突然資本主義社会との関わりを論じ始めるのではなく、もっと随所随所に伏線を忍ばせるような書き口があったはず。

 

 それぞれのメンバー、スタッフとの関わり合いについても、プライバシーの問題で絶対に書けない部分はともかくとして、「綺麗なものとしてデイケアコミュニティを書きたい」という筆者の気持ちが、筆を止めさせている部分もあるような感じがする。

 目指すところが社会復帰、成長を目指させるセラピーを推奨し、「ただ居るだけ」を許さない社会の緩やかな変革ならば、「居る」ことが難しい人々の在り方について、もっと焦点を当てて書いても良いのではないだろうか。

 

 ただこれについては、読書をすることで非日常的なものを得ることで、自分を成長させたいと願う的な価値観が影響していて、その根底には資本主義がある、みたいな言い方もできるんだよな。書いててマジかって感じだ。

清濁の「濁」はもちろんデイケアの日常の中には様々あったのだろうが、それは普通の人の生活でも同じことだし、「濁」は日常を脅かすものとして機能することがあるけど、筆者の書きたいことはそこじゃないし。とすると、社会に病んでるのは俺のほうということもできるのか。

 

 元々本著を手に取ったのは、ツイッターで話題の「レンタルなんもしない人」(人ひとり分の存在だけが欲しいときに、自分をレンタルするサービスをしてる人)と、この本の著者さんの対談が今度あるって聞いたからなんだけど、油断してたらチケットの予約埋まってた。悲しみと共に終わる。

 

 以上。

空白を埋める:『家(チベ)の歴史を書く』 朴 沙羅著 筑摩書房 2018年

 存在すると思われていない世界の人々は、しかしごく当たり前に生きていて、彼らの過去と現在を生きている。記憶の中で、過去の様々な経験は一つに溶け合っていて、彼らはその経験と共に生きている。(…)誰のために、何のために、私は「家(チベ)の歴史」を書こうと思ったのだろうか。最初はもちろん、私のためだった。私はなぜここにいて、こんな思いをしなければならないのかを知りたかった。けれでおも、もしかしたら「空白」を埋める一助になるのではないか、とも思っている。

 記憶によって書くことが可能になる歴史がある、と私は信じている。

(本著『終わりに』p296-297)

 

 世の中知らないこといっぱい。 

 

 

家(チベ)の歴史を書く (単行本)

家(チベ)の歴史を書く (単行本)

 

 

〇内容

 在日コリアン三世の筆者が自分の一家の歴史をインタビューからひも解く

 

〇感想

 

 

 オーラルヒストリーって基本的にはインタビュイーの語り口を再現しつつ収録するんだけど、この方たち、皆関西弁なんすよね。

それがま~話が生き生きしててね。

こんなに相性いいもんかってのが一つ発見でした。

一個一個のエピソードが凄絶だったりするだけに、余計に。逃げようっつって知らない人についてって、山の中で草食べて過ごした話とかね。

 

 『家の歴史』ってタイトルから、てっきり3世代ぐらいにまたがるもんかと思ったけど、インタビュイーは全員叔父さん・叔母さんで、それがまた興味深かった。

皆さん、「家」って言ったとき、叔父叔母まで含めます?その発想がまずもって自分には無いし。

 

 あと、「済州島四・三事件」をはじめとする歴史について、ある程度こっちが知ってるかのように書いてくるのも考えさせられるところ。

この本を書いた朴沙羅さん自身が、まぎれもなく「在日コリアン」として僕の知らない世界を受容して生きてる証左のように思えました。

勿論多少の補足は入るし、事前知識無くても読み通せるようになってることも付記しておきます。

 

 

 「空白を埋める」ことによって、その周辺の巨大な空白に気が付いた、つうのが今の僕の状態で、もっと話を聞いてみたいですね。

 

 「在日コリアン」というテーマ。

 かつインタビューから歴史を描くオーラルヒストリーの手法。

  どちらもどこかに偏らせるのが非常に容易な材料で、だからあんま読まれることないかもしれない。

 ただそれでこの本を捨てるのはもったいない。

 

 だいいち、偏ってたって面白い本は面白いはずなんですよ。

 有名ツイッタラー(?)のダ・ヴィンチ・恐山曰くですね、思想の偏りに全く別の判断を持ちこむのはおかしな話であると。

 思想は偏っていてもまっとうでいられるっていうのが彼の主張で、良いこと言うなあと思いましたね。 

 

 こういうしんどいテーマのものを読むときには、その人が「まっとう」かどうかっていうのが自分の中では大きな基準なんですが、それでいえば朴さんはこちらが何もいうことないです。

まあ俺の思う「まっとう」が人によってはガチ頭おかしいこともあるだろうけど、そんなんはもう言い出したらきりないし。

 

 3月を0更新で乗り切り、気が付けば新元号も発表されてびっくりなんですが、新年度もこんな感じでちょこちょこ更新していければと思ってます。

 

以上。